ホットカーペットの特徴によって購入するものを選ぶ

ホットカーペットの種類は豊富にありますが、性能にほとんど変わりはありません。サイズは1から3畳程度で消費電力は1畳サイズでは200W程度で思っているよりは消費電力は高いので一日中電源を入れっぱなしには注意したいところです。特にホットカーペットはヒーターなどと違って電源が入っている事に気づきにくいので切り忘れ防止機能や切れるタイマーが付いているものがおすすめです。大きめなサイズの場合には出力の切り替えが出来たり、暖房面積の切り替えをする事ができ、省エネする事ができます。室温センサーなどが付いているタイプもあり、温度を自動調整する省エネタイプもありますが、省エネ機能が充実しているタイプは高額になりますが、使用する時間が長いと結果お得になるかもしれません。素材は肌触りが良い毛足がある布製や、塩ビでフローリングの様になったものがあります。カバーは取り外しする事ができ手洗いやクリーニングでき、ダニ対策がされているタイプもあります。肌に触れるものなのでお手入れのしやすさや清潔維持機能は購入前に確認した方がよいです。

フローリングとカーペットのホコリとアレルギー

カーペットは暖かくて、おしゃれというイメージがありますが、ダニやアレルギーや掃除といった良くないイメージもあります。フローリングの家が増えている現在ですが、ドアの後ろを見たらホコリがたまっていた、ベッドの下にホコリがたまっているなど思っている以上にフローリングはホコリがたまります。フローリングや堅い床材はホコリを舞い上げやすい素材で、一度舞い上がったホコリは9時間ほどの時間を掛けて床に降ってきます。気づいたらフローリングにホコリがたまっていたという事ではなく、知らぬ間に空中に浮遊しています。カーペットでは毛がはいているのでホコリを吸収してくれます。アレルギーはホコリを吸い込む事で起こるとも言われていて、フローリングが普及したとともにアレルギー患者が増加したとも言われています。海外では小学校の床にカーペットを敷くという事をしはじめているそうです。

ウール織物のカーペットの掃除方法

カーペットの中でもウール織物を選ぶと汚れてしまって使えなくなるという事はほとんどありません。日常のメンテナンスは掃除機を丁寧にかけるだけで簡単です。ウール素材の場合には、遊び毛という毛玉のようものが出てきますが、この遊び毛を取り除く様に掃除機をかけると、ホコリや汚れも一緒に取るとができます。ホテルのロビーやブランドショップのカーペットは遊び毛と一緒に汚れが出てきて丁寧に掃除機で取っているので、汚れがひどい箇所が少ないです。最近流行の自動で動く掃除機ですが、カーペットを長く綺麗に使う場合にはできる限り吸引力がある掃除機を使った方がよいです。自動で動く掃除機は表面のホコリは取り除く事はできますが、中に入っている物は取り除く事は難しいです。粘着テープを利用するコロコロですが、表面のごみを取り除くことはできますが、繊維をいためてしまうので避けた方が良いです。

ネット通販最大級の品揃えを誇る当店ならば、対象エリアを問わず、ご家庭に合ったカーペットの購入が可能です。 ラグマット、オーダーカーペット、オーダーラグ、輸入カーペット、輸入絨毯、防音カーペット。 低価格なお値打ち品、激安カーペットからちょっと豪華な輸入品まで、当社ならあなたのお気に入りの一品が必ず見つかります。 カーペットは日本最大級の品ぞろえゆうあいへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です